「犬島」をまるごと使って英語キャンプをしました!

2月の9日・11日と、瀬戸内海にある「犬島」をまるごと使って、「英語キャンプ」を行ってきました!

「岡山に夜間中学校をつくる会」が主催し、そのスタッフの方々と環太平洋大学(IPU)の学生と妙照寺がコラボレーションする形で開催。岡山県南部の小・中学生を主に対象としたイベントで、現在は非公式で運営されている夜間学校の生徒さんたちも参加されました。教育環境や家庭環境に恵まれない子供たちのためにと、楽しく英語を学べる日帰りキャンプを実施することになったのです。

9日の日は主にIPUの学生がメインで、英語を使った「表現教育」を子供たちに指導。11日は妙照寺の”カタジーナ先生”の英会話レッスンがメインで、島を丸ごと探検しつつ、学んだ英会話を島のあちこちで実践してもらうといった内容になりました。子供たちにはたくさん美味しい空気を吸ってもらって、美味しいものを食べて、綺麗な景色を見て、思いっきり英語で喋ってもらいました。

余談ですが……犬島をくまなく歩いて1つだけ分かったことがあります。実は犬島に「犬」はたった一匹しかおらず、反対にネコがたくさん住んでいるということでした。笑

これからも協力し合って、岡山の子供たちのためにいろいろと貢献できればと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です