真備の復興支援ボランティアに参加してきました。

当山の秋の御会式が無事に勤まった後、今もなお復興が続く倉敷市真備地区でボランティア活動に参加してきました。

昨年夏の西日本豪雨により真備地区に大きな水害の被害をもたらした高梁川。普段は穏やかで美しいこの河も、当時猛威を振るっていたとはとても信じ難いものがあります。しかし、町の様子を見ると、私の胸あるいは頭の高さまで当時は水に浸かっていたのだと一目で分かる泥のあとがあちこちに残っています。その恐ろしさは想像しただけでもゾッとします。。。

何か同じ倉敷市民の為にと、妙照寺として積極的に復興の支援をさせていただいているわけですが、今回は緑地公園「グリーンパークまび」に再び花を植え付けるボランティアに参加してきました。沢山のパンジーとその他の植木を、グリーンパークまびと共に井原鉄道井原線の「川辺宿駅」のロータリー部分にも植えてきました。沢山の花と緑が、真備の人たちの心の支えとなることを期待いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です