龍ノ口法難記念日

龍ノ口御法難のご様子
龍ノ口御法難のご様子

文永8年(1271)9月12日、日蓮聖人は龍ノ口(たつのくち:現在の神奈川県藤沢市片瀬)にて斬首の刑に処されます。

事の起こりは同年6月、日蓮聖人との降雨の祈願くらべに敗れた律宗の僧侶・良観が、幕府に対し「日蓮の厳しい他宗折伏は思想的・行動的に危険である」と讒訴(ざんそ:他人をおとしいれようとして、事実を曲げて言いつけること)したことが原因でした。これはまさに法華経に記された通り、末法に弘経する人間が受ける法難そのものでした。

しかし、日蓮聖人が処刑の座につかれると、マリのような不思議な光り物が夜空を照らし、刀は2つに折れ、斬首の役人たちは恐れおののいて刑の執行が不可能になったのです。まさに諸天善神のご守護を頂戴されたのでした。

私たちがこんにち御題目のご信心をさせていただけるのは、そうした不退転の覚悟で御弘通のご奉公をされた日蓮聖人のおかげです。その報恩の意を込めて、毎年9月12日を「龍ノ口法難記念日」と定め、全国の寺院で口唱会などの行事が営まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です