毎朝、法要が営まれます

6時から7時15分まで

一日の最初の時間=我が命の"お初穂"を仏様にお供えするのが佛立宗の朝参詣。その功徳は絶大で、その日一日を安穏に過ごせるのはもちろんのこと、朝参詣を重ねることで様々なご利益を頂戴できます。世界平和から個人の祈願、亡くなった方々の回向まで、ありがたい御題目口唱の声と共に。

朝参詣について

毎朝、説法が聴けます

仏法へいざなう門=御法門(ごほうもん)

仏教は本来「人としての正しい生き方」を教えてくれるもの。毎日御法門を聴聞して、それを生きる指針とし、人生を豊かなものにしましょう。

御法門について

いつでもお参りください

朝の5時から夜の7時まで開いています

お寺は人を助けるための道場ですから、お休みはありません。いつでも、どなたでも、お参りして功徳を積んでいただけます。初めてご参詣される方は事前にご連絡ください。僧侶がご案内させていただきます。

お参りする

永代納骨堂があります

小さいですが、美しい「寂照苑

寂照苑には常に御本尊がまつられており、いつでも、どなたでもご自身でご先祖のご回向をしていただけます。毎朝の朝参詣の後には、僧侶と参詣者一同で納骨一切の霊魂の供養をさせていただいております。忙しくてなかなかご先祖にご挨拶できない方も、これで安心です。

寂照苑のご紹介