本門佛立宗法脈系図

本門佛立宗法脈系図

1253年(建長5年)4月28日、日蓮聖人が32才の時、千葉県・清澄山の旭が森山頂に立ち、太平洋の彼方からのぼる朝日に向かって高らかに御題目を唱え、立教開宗の宣言をされました。その日から、真実の仏法である「本門八品所顕上行所伝本因下種南無妙法蓮華経」の御題目が、この末法という世に弘まることになったのです。

そのみ教えを、日蓮聖人より正しく受け継ぐ唯一の宗派、本門佛立宗。その伝承の系脈図をご紹介いたします。

本門佛立宗法脈系図PDFをダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です